犬服を着せる際に注意すべきこと

犬服を着せる際に注意すべきこと 犬服の注意点に、必要のない時には着せないことです。
上手に使えば皮膚を守ることができたり防寒になったりと良い働きをしてくれる犬服ですが、しかし単なるファッション目的ですと、負担になってしまう可能性も否定できません。
物言わぬ犬ですので飼い主が必要・不要をしっかりと見極めて実用性をメインに活用していくことが大切です。
嫌がる場合に無理に着せないのも注意点の一つと言えるでしょう。
本来は服を必要としない犬に着せることになりますので、時には拒否反応を示すこともあります。
そうした場合に無理に着せるとストレスになるほか、手に噛みついてくるなどの危険性もあります。
もし、必要に応じて犬服を着せなければいけないという場合は、少しずつ慣らしていくようにした方が良いでしょう。
上手く慣らしていけば自然に着ることができるようになり、犬側のストレスも軽減できるはずです。
なお、最初はおやつを使うなどして喜びを与えながら練習をすることで、犬服に対しての印象も良くできます。

子犬の頃から犬服に慣れさせる

子犬の頃から犬服に慣れさせる 成犬になってからでも犬服を着せる事はできますが、子犬のうちから着るのを慣れるようにした方が良いでしょう。
子犬イヌは元々服を着る動物ではないため、成犬になってから無理に着させるとストレスの原因になってしまします。
その点、まだ子犬の時から着るようにしていけば、服を着るのが当たり前と思ってくれるようになります。
犬服を初めて着させると、嫌がらずに着る事はほとんどありません。
着る事になれている成犬でも、1日中着させたままにはしません。
犬服になれるまでは、すぐに脱がせてあげた方が良いでしょう。
着せた時には、大好きなおやつなどをあげるようにすると、段々嫌がらないようになってきます。
大切なのは、いきなり長時間着せるのではなく、少しずつ着ている時間を長くしていく事です。
一緒に外出する時や散歩などをする時は、犬服を着せてから出かけるようにしていくと、嫌がる事が少なくなっていきます。
犬にとって好きな事をしてあげる時に着るようにしていけば、嫌がる事がなくなっていきます。