ワンちゃんによっては犬服が苦手

ワンちゃんによっては犬服が苦手 ペットは大切な家族の一員という思い出、人間と一緒の生活をしている家庭が多くなっている現代、犬を飼っている家庭はとても多いです。特に小さい犬は寒さに弱いという特徴があります。そのため犬服を着せて寒さを回避することも少なくありません。実際とても可愛らしく機能性にすぐれた犬服がたくさん出回っています。犬服を着せるというのはただ単に寒さから守るだけでなく、汚れから守る、病気やケガから守る、抜け毛などの防止にもなるなど利点が多くあります。
しかし、犬によっては服を着せられるのが苦手な場合もあります。その場合には服による圧迫感がストレスになる場合や動きづらいなどを感じるワンちゃんもいるということです。その場合には着心地の良い素材の物を選ぶ、ごはんやお散歩前など気持ちが喜んでいる時にさっと着させる、少し大きめなものを着せるなど工夫することで解決することが多いです。犬服は見た目のかわいらしさはもちろん、健康においても良い効果を得られる働きがあることで人気なのです。

大事な犬服の汚れはクリーニングに出しても大丈夫?

大事な犬服の汚れはクリーニングに出しても大丈夫? 大切な愛犬に着用させる犬服は、常に清潔にしておく必要があります。犬は人間の10倍以上の汗をかく動物で、出来ることなら毎日着替えさせて洗うのが望ましいです。犬服は人間の服と違って、肌触りと着心地を重視した素材が使われており中には自宅で洗濯機洗いが出来ないものもあります。そういう場合は手間を掛けずクリーニング店に出すのが、丁寧に洗濯もしてくれて便利ですが汚れたままお店に預けるのはマナー違反であり、以後取り扱いを断られる原因にもなるので注意が必要です。
服の裏側にはたくさんの毛が付着しているので、ガムテープを使って念入りに毛を取り除くのが大切です。おお散歩に行くときにも犬服を着用させている場合は、服のお尻まわりに汚物が付いていることもあります。しっかりと確認をして、汚物が付いている場合はタオルに薄めた中性洗剤を付けて拭き取るようにしてください。クリーニング店に犬服を出す時は了解を得てから依頼をするのがトラブルにならない秘訣です。