犬服が苦手な犬をトレーニングする方法

犬服が苦手な犬をトレーニングする方法 洋服を着せることで、より愛犬が個性的に見えることから、ワンちゃんに犬服を着せる飼い主さんが増えています。大人しく着てくれるワンちゃんがいる一方、なかなか言うことを聞いてくれないワンちゃんも。犬服が苦手なワンちゃんの場合、どのようにトレーニングすればいいのでしょうか。
まずは基本的な着せ方ですが、まず飼い主がワンちゃんの後に座ります。そして前足を台などに乗せ、最初に頭を通します。続いて足を一本ずつ通していきます。脱がすときは、飼い主が犬の前に座り、足を一本ずつ抜いて、最後に頭を抜きます。慣れないうちはワンちゃんに声をかけながらやる方法も効果的です。
洋服を着せる際のトラブルとしては、着脱の時に飼い主の指をかもうとする、洋服を引きちぎって脱ぎ捨てる、服を着せると固まってしまう、などが挙げられます。
トレーニング方法としては、着せたい服の上におやつを置いて食べさせることを繰り返し、大好きなおやつと洋服が関連付けられるようにする方法が有効です。

着せやすい犬服を選ぶ

着せやすい犬服を選ぶ 犬服を選ぶときに大切なことの1つは、着せやすさということです。いくら素材が良かったりサイズが合っていても、着せにくい服の場合は、散歩などで使うときに時間がかかって飼い主がイライラする場合があるでしょうし、犬の方も嫌がる可能性があります。さらに、着せやすい犬服が大切という理由として、すぐに脱がせなくてはならない場合が考えられます。
それは、初めて着せたときに犬が嫌がる場合や、犬の体調が悪くなって服を脱がせる必要が出てきたときなどです。犬の場合は自分で脱いだり着たりすることができないので、簡単に着脱ができるようなものを選ぶということが大切になってきます。
ですから、犬服を購入する場合はそのような点に注意して、見た目の段階でチェックすると同時に、実際に飼い主が手にとって服に触ってみたり、可能ならばお店で犬に試着させるようにしてみると良いでしょう。そして、最近では、おしゃれで可愛い犬服も着やすさや着心地を考えて作ってあるものがたくさんあるので、そのようなものを選ぶようにすることをお勧めします。