犬服を慣れさせるポイント

犬服を慣れさせるポイント ワンちゃんに犬服を着せることは、防寒や毛を飛び散らせない、毛を汚さないためなどメリットがいくつもあります。ですが服を着るのを嫌がるワンちゃんもいますよね。そこでそんなワンちゃんに犬服を慣れてもらうためのポイントを2つご紹介します。
まずは、ワンちゃんの関節を曲げる時に邪魔しない着せ方をすることです。犬の関節は横には曲がらず、前にしか曲がりません。なので服を着せる時に足を横に曲げてしまって痛い思いをさせると、トラウマになって着てくれなくなるかもしれません。そして犬服を選ぶ時にも伸縮性のあり、関節を締め付けないものを選ぶことが大切です。次のポイントは、服を着るといいことがあると教えることです。
例えば防寒や毛を汚さないために着せるなら、散歩の前に着せることです。ワンちゃんには学習能力がありますから、服を着れば大好きな散歩に行ける!と覚えれば服も喜んで着てくれるようになります。あとは服を着せ終わったらおやつをあげて褒めてあげることも有効な手です。服を着ることを上手に慣れさせて、ワンちゃんと一緒に犬服を楽しみたいですね。

犬服のサイズを確認

犬服のサイズを確認 まず、あなたのワンちゃんにお似合いのかわいい犬服を手に入れるには、あなたのワンちゃんのための犬服のサイズを正確に把握しておく必要があります。始めに測るのは首まわりでして、測定方法は首の中間あたりやのど仏の少しだけ下部あたりを測りることにより正確なサイズを測ることができます。
次に測るのは胴まわりと呼ばれる部分になりまして、前足の付け根まわりの中でも最も太くて硬い部分を正確に測ります。一般的に毛の厚いワンちゃんの場合には、毛が巻き尺で少しだけふんわりとつぶれる程度がちょうどよい測定の方法になります。
最後に測定する部分は着丈と呼ばれる最も重要な測定部分に当たります。これは、首まわりを測定した位置から尾の付け根までを背骨に沿って測定します。寸法の呼び方にヌード寸法と出来上がり寸法と呼ばれる二種類の寸法がありますが、ヌード寸法とは犬服を着用していないときの寸法となりますので服を作成する際に注意しながら確認する必要があります。