犬服によく使われる素材

犬服によく使われる素材 犬服は可愛いだけではなく、毛抜けや汚れの帽子、病気の予防、暑さや寒さに弱い犬を守ることができるなどのメリットがあります。
しかし、犬服にはいろいろな素材が使われており、どれを選んだらよいのかわからないという人もいると思います。
まず、よく使われるの伸縮性のあるニットです。伸縮性があるため犬に負担なく着せることができます。
暑い時には通気性のよいメッシュ生地のものが人気だったり、冬には暖かいフリースなども人気です。
季節や気候に応じたた服を選ぶことが重要で、メッシュ生地なら通気性を確保しながら強い日差しから肌を守ることもできます。寒い時にフリースを選べば犬の防寒着として役立ちます。
その上で、汚れの落ちやすい素材を選ぶのもオススメです。
犬が服を着るということは不自然なことのため、初めは嫌がる子も多いですがきちんと素材選びにこだわれば、過ごしやすいことを理解して喜んで来てくれるようになるため、サイズ選びなども大切となります。

犬服はしつけ次第で着られるようになる?

犬服はしつけ次第で着られるようになる? 犬服を着せることには、犬の体温を一定に保つこと、また体毛をきれいに保つことに対しての効果が期待できます。加えて散歩などに出かけた際にもダニなどの付着を防ぐこともでき、このことは飼い主にもメリットがあることです。そのため可能な限り犬服は着せた方が良いと言えます。
もし犬が嫌がる場合、しつけ次第で着られるようになることもあります。ポイントは、犬に犬服を着るのが嫌なことではないと教え込むようなしつけを行うことです。ですからまずは犬の体格に合ったサイズ、かつ犬にとり心地が良いような素材でできた服を選ぶことが求められます。その上でその服に慣れさせるようなしつけをとると良いです。
そしてもし、袖を通すことができた場合にはご褒美をあげたり、思いっきり褒めるようにすると犬にとって犬服は良いイメージとなります。反対に着用しないからと言って怒ったりすると、犬にとっては良くないイメージが植えつけられてしまいます。人間の都合だけを押し付けず長い目で根気よく行うのがポイントです。